ポイントを押さえて適切な請求手続きをしよう

サイトメニュー

うまく利用するコツ

診察 うつ病になったら障害年金などが利用できます。とはいえ、受給資格なども設けられているので利用時には気をつけておきましょう。また、利用時に不安になったらまずは調べてみることもおすすめします。就業不能保険なども活用しましょう。

詳しく見る

精神病の時に使える制度

悩む成人女性 うつ病になった時に症状が重く改善が難しい場合は、障害年金を利用して問題に対応する方法があります。メリットの多い制度ですが障害年金を受けると生活が大きく変わるので、周囲の人と話し合ってから行わなければいけません。

詳しく見る

病気の時に利用できる制度

看護師 仕事が難しいほど体調が悪化した時に利用できる障害年金は、うつ病でも使える制度で高く評価されています。制度を利用するためには公的年金に入っている必要がありますが、得られる収入は症状の重さによって変わります。

詳しく見る

給付を受けるために

うつ

受給へ向けた注意点と支給不可能だった事例

現職の人にとって年金はお金を納めるイメージが強く、老後に受け取れるかどうかも気になるポイントです。しかし高齢になって受け取れるのはこの制度の1つに過ぎず、うつ病を発症して給付条件に合致していれば、若い現職世代の方でも障害年金が受け取れます。ここで気をつけねばならないのが、給付を受けるには請求手続きが必要であり、自動的に支払われる訳ではないということです。つまりうつ病で受給基準を十分に満たしていても、自発的に行動しなければお金は振り込まれません。また、傷病手当金という類似の支援制度もあるのですが、この手当金は労務の不能状態が条件となり、具体的に定められています。ところが障害年金では労務の不能は絶対条件にはなっていないため、規定を満たしていれば仕事をしていても受給できる仕組みです。その点は傷病手当金とハッキリ異なりますから、混同しないように気をつけましょう。そして、障害年金の請求手続きでは医師の診断書が必要なので、治療先の精神科医や心療内科医に書き上げてもらわねばなりません。ただし診断書の発行には保険が使えないため、料金は自費となり各医療機関で金額が違います。場合によっては高額になることもありますから、大体いくらぐらい掛かるか、予め確認することを忘れないでください。そのほか、診断書を精神科医などに書いてもらう際は、障害年金を受け取るために使うことを話し、適切に仕上げてもらう必要があります。受給の判断基準に当たる部分が詳しく書かれていない場合、受給できるものも受給できなくなるパターンがあるので注意しましょう。
障害年金は20代の人でも受け取れますが、国民年金に加入していない20才未満では受給できないのが原則です。また、これは障害に見舞われた現職世代を支援する制度なので、既に65才を超えて老齢年金を受けている人も基本的に受給できません。ただし年齢的に問題はない場合でも、障害の認定日を迎えていなければ、受給できない規則となっています。認定日は請求原因であるうつ病を診てもらうため、初めて心療内科や精神科で診察を受けてから1年と6か月後です。そのため重度のうつ病を発症していても、認定日以前の請求手続きでは受給に至ることがありません。しかしこの制度は遡及請求に対応しているので、未請求だった期間があれば、過去に遡って受け取ることは可能です。とはいえ遡れるのは最大で5年間ですから、それ以上前の請求は、受給に至らなかった顕著な事例となっています。また10年前からうつ病なら、遡及請求すれば5年分は受給できますが、閉院やカルテの破棄などにより初診日が証明できず、受給が不可能だったパターンも少なくありません。さらに、保険料の支払いも重要な受給基準であり、初診月から数えて前々月の段階で、納付状況が3分の2を超えている必要があるのです。そのため一定以上の未払いがあるために、受給へ至らなかった例も数多く見られます。それら以外でもこの年金では障害状態が受給の可否に大きく影響し、例えば、ほかの人に介助してもらわねば自分のことが殆どできない状態でなければなりません。ですから他人の助力を得ずに一人で暮らしている方や、毎日自力で出勤している人は、受給が無理だったケースも多くなっています。

Copyright© 2019 ポイントを押さえて適切な請求手続きをしよう All Rights Reserved.